阪神戦、まさかの同一カード3連勝。まさに春の珍事。

投手戦を制しての勝利ができたということは、本当に実力がついたということでしょうか。
 
2015年4月9日 甲子園 3回戦
横浜DeNAベイスターズ 2-1 阪神タイガース
勝利投手:高崎 1勝 セーブ:山崎康 3S 敗戦投手:岩崎 2敗
 

 

高崎が粘りのピッチングで無失点

前回の広島戦でも好投した高崎が、この日も粘りのピッチングで阪神打線を封じます。
 
ただ、内容自体はそんなに良くはありませんでした。ボール球が先行し、スリーボールになることが多く、苦しい投球が続きます。それでも、7安打を打たれながらも、要所を抑え、何とか0点に抑えました。
 
調子の上がらない阪神打線に助けられた面もありますが、ボール球が先行しながらも、四球が2つだけで済んだのが良かったですね。また、モスコーソの時もそうでしたが、高めに球が浮かなかったのも良かった点です。
 
先頭打者を塁に出さなければ、そう簡単には点に繋がらないものです。
 
 

飛雄馬が貴重なタイムリー!

この日、阪神の先発投手が、左の岩崎だったので、ショートは初戦と同じく飛雄馬が先発でした。この采配が大当たり。貴重な追加点となるタイムリーツーベースを含む2安打と活躍します。
 
倉本の方が守備範囲も広く、捕ってからが速いので、守備に安定感があるのですが、バッティングは、飛雄馬の方が当たっています。中畑監督としては、調子がいい飛雄馬も併用するために、相手投手が右の場合は倉本で、左の場合は飛雄馬という選択をしばらくするようですね。
 
倉本がレギュラー確定と思われたショートのポジションで、まだまだ競争があるのは、お互いにいい刺激になるのではないでしょうか。
 
 

相変わらず不可解な中畑采配

好調なチームのお陰で、中畑監督の采配が冴えているように見えますが、私はどうしても懐疑的に思えてなりません。と言うのが、8回の選手起用です。
 
バルディリスがタイムリーを打ち、1塁に出たところでは、まだ1点差なので延長も考えて代走を送らなかったというのは理解できます。しかし、飛雄馬のタイムリーで2点差になり、1死2、3塁で3塁ランナーとなったバルディリスに代走を出さなかった点が分かりません。
 
バルディリスは、この日も一つ走塁ミスをしましたが、巨人戦でもタッチアップで刺されてしまったこともあり、走塁に難がある選手です。それが頭にあれば、どうしてももう1点欲しいあの場面で、代走を使うのは当然の策だと思います。
 
点が取れなくても、飛雄馬のタイムリーで2点差になったのですから、あそこは勝負に出るべきでした。結果、ボテボテの内野ゴロでホームに突っ込み、アウトになってしまいます。
 
そして分からないのが、その裏にバルディリスを下げたことです。延長を考えて代走を出さなかったのであれば、そのまま守らせるべきだし、守備で代えるつもりだったのであれば、あそこで代走を出すべきでした。
 
こういった訳の分からない采配をするようでは、いつかチームの勢いを失うようなことをしてしまいます。中畑監督の采配ミスで試合を壊してしまうことがあるのではないかと、不安でしょうがありません。
 
 

ベイスターズ的まとめ

阪神戦に3連勝しましたが、このカードでは、どちらかといえば阪神打線に助けられた勝利でした。
 
井納、モスコーソ、高崎と、3人とも素晴らしいピッチングというわけではありませんでしたが、それでも要所を抑えてくれました。先発の3人に勝利がついたということは、チームに勢いを与えてくれるでしょう。
 
今日からは中日との3連戦です。多くの解説者が5位、6位と予想した2チームが、首位攻防戦を行うとは誰が予想できたでしょうか。
 
先発は、まだ勝ち星のない開幕投手の久保。好調なチームの勢いに乗って、今シーズン初勝利を期待したいものです。